公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2018年7月 | 2018年8月 | 2018年9月 | 2018年10月 | 2018年11月 | 2018年12月 |
| 2019年1月 | 2019年2月 | 2019年3月 | 2019年4月 | 2019年5月 | 2019年6月



2018/9

租税研究(第827号)
SEPT

CONTENTS
     
論調
  どうなる外国人の単純労働---------------------------------- 山崎貴史
    外国人技能実習制度による介護人材確保-------------------------- 和泉徹彦
法人税の現状と課題-------------------------------------------- 小塚真啓
これからの税制改革論------------------------------------------ 玉岡雅之
-Tax Reform for the22nd Century
平成30年度税制改正後のM&A・組織再編の実務--------------------- 長谷川芳孝
国際課税 ポストBEPSにおけるOECD移転価格ガイドライン関連作業の進展について------- 小森 敦
移転価格事務運営要領(事務運営指針)の一部改正について---------------- 飯田淳一
移転価格の調査・事前確認制度について------------------------------------ 生永真美子
~調査・審査の円滑化・短期化のために~ 石井 徹
【海外論文紹介】
Country-by-Country Reporting:
Handbook on Effective Tax Risk Assessment--------------------------- 岡野泰大
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・TPP・EU・米国・香港・インド・オーストラリア・フランス]  
    業務・会合案内(クールビズ)  
国際課税税中級講座のご案内


▲このページのトップへ



2018/8

租税研究(第826号)
AUG

CONTENTS
     
論調
  問題児GAFAをどう制御するか…-------------------------------- 久原 穏
    トランプ税制の行方と経済環境の変化-------------------------------- 中里 実
消費増税に関する論点整理--------------------------------------- 中里 透
デフレ脱却と財政健全化の今後の道行きについて
現物給付の範囲と課税のあり方------------------------------------ 酒井貴子
-オーストラリアのFBTを参考に
税制改正のポイント解説(平成30年度)----------------------------- 上西左大信
国際課税 国際課税の動向と執行の現状------------------------------------- 伴 忠彦
国際課税を巡る最近の動向について------------------------------ 吉田則幸
新しいタックス・ヘイブン税制の状況-------------------------------- 望月文夫
Implications of New US Tax Law and Transfer Pricing Developments-------- RichardL. Slowinski
【海外論文紹介】
①「BEPS8-10:多国籍企業は,自らのリスクを管理することによって,
移転価格上のリスク発生をどのように管理しうるか」
②「改訂された無形資産に関するOECD移転価格ガイドライン:批判的分析」---------- 水谷年宏
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・EU・オーストリア・オーストラリア・中国・マレーシア・台湾・英国]  
    業務・会合案内(クールビズ)  
国際課税税中級講座のご紹介


▲このページのトップへ




2018/7

租税研究(第825号)
JULY

CONTENTS
     
論調
  すぐそこに迫った男受難の時代---------------------------------- 大林 尚
    第70回定時総会-----------------------------------------------
    地方財政・地方税制の現状と課題---------------------------------- 稲岡伸哉
平成30年度 法人税関係(含む政省令事項)の改正について
①法人税(国際課税を除く)に関する改正について-------------------- 藤田泰弘
②収益認識基準にかかる制度改正とその取扱い--------------------- 髙橋正朗
平成30年度の国際課税(含む政省令事項)に関する改正について------ 山田博志
Recent Developments in International Corporate Taxation
(国際課税(法人)を巡る最近の進展)------------------------------ Michael Keen
女性の政治参加と日本の未来------------------------------------ 山重慎二
組織再編税制における実務上の留意点---------------------------- 田中伸二
地域統括会社に関する実務上の留意点---------------------------- 太田 洋
  ~平成29年度税制改正とデンソー事件最高裁判決を踏まえて
国際課税 【海外論文紹介】
税の協力プラットフォーム:移転価格分析のための比較対象取引データへの
アクセスの困難性への対応ツールキット:IMF,OECD,国連,世銀グループ----- 本田光宏
A Toolkit for Addressing Difficulties in Accessing Comparables Data for Transfer Pricing Analyses
EU VATを巡る諸課題-------------------------------------------------- 飯守一文
-Rate Structure とExemptions
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・IFA・BRICS・フランス・EU・スイス・マレーシア・米国・国連]  
    業務・会合案内(クールビズ)  
第70回定時総会資料
第70回租税研究大会のおしらせ

▲このページのトップへ