公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2014年7月 | 2014年8月 | 2014年9月 | 2014年10月 | 2014年11月 | 2014年12月 |
| 2015年1月 | 2015年2月 | 2015年3月 | 2015年4月 | 2015年5月 | 2015年6月




2015/6

租税研究(第788号)
JUNE

CONTENTS
     
論調
  自治体の機能を考えた----------------------------------------------- 山瀬一彦
第67回定時総会----------------------------------------------------
最近の経済情勢と成長戦略について--------------------------------- 松永 明
国際課税の最近の動向等------------------------------------------- 貝塚正彰
中国の税制と税制改革-------------------------------------------- Wang Jianfan
国際課税における最近の課題
・BEPS,Spillovers,etc. : Current issues in international corporate taxation------ マイケル・キーン
・Selected international taxation issues--------------------------------- 中山 清
2014年年金財政検証と年金制度の課題-------------------------------- 駒村康平
平成28年度税制改正に関する租研意見に向けた意見交換---------------- 上村敏之
租税属性についての基礎的研究------------------------------------- 酒井貴子
組織再編税制について(欠損金の取扱い)----------------------------- 黒田光樹子
法人事業税の外形標準課税の改正と実務に与える影響-------------------- 多田雄司
国際課税 国際課税における重要な課税原則の再検討(第12回)
アーニング・ストリッピング・スキームの現状と
主なアーニング・ストリッピング防止策をめぐる諸問題---------------------- 本庄 資
【海外論文紹介】
国外転出をする個人及び法人に対する出国税:比較及び租税条約の分析
V. Chand,Exit Charges for Migrating Individuals and Companies:
Comparative and Tax Treaty Analysis,
67 Bull. Intl. Taxn. 4/5(2013),Journals IBFD.---------------------------- 本田光宏
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [インド スペイン フィンランド ドイツ]  
実務講座法人税 太陽光発電設備の特別償却及び税額控除の適用に関するQ&A-------------- 髙橋正朗
業務報告・会合案内  
租研会員の皆様へのお知らせ  
 ・日本経済新聞「月曜経済観測」に西田会長の記事が掲載されました
 ・法人税基礎講座(東京・関西)開催のご案内
資 料 第67回定時総会資料  


▲このページのトップへ



2015/5

租税研究(第787号)
MAY

CONTENTS
     
論調
  失ってはいけない----------------------------------------------------- 大高和雄
国際課税の現状と課題------------------------------------------------ 田中琢二
消費税における公平性と透明性について--------------------------------- 森信茂樹
租税教育について---------------------------------------------------- 玉岡雅之
マイナンバー制度の概要と税務について--------------------------------- 猪野 茂
法人税申告に当たっての留意事項(平成26年度税制改正を中心として)------- 新免久弘
欠損金等の引継ぎをめぐる諸問題-------------------------------------- 野田秀三
所得・富の不公平と税制―トマ・ピケティ著「21世紀の資本」を踏まえて-------- 諸富 徹
組織再編等に係る会社と株主との取引をめぐる税務上の論点整理----------- 渡邊芳樹
事例からみる最近の法人税の改正点と留意点
―平成27年3月期の法人税の確定申告を迎えるに当たって―-------------- 成松洋一
国際課税 Updates on MAP & APA Regulation in Indonesia-------------------------- Leli Listianawati
  伏見俊行
ISTARS(structured trust advantaged repackaged securities)transaction:
信託等を用いた一連の仕組まれた取引について外税控除・費用控除・
所得源泉等が争われた事例------------------------------------------- 浅妻章如
マークス・アンド・スペンサー事件の意義
―英国最高裁と欧州司法裁判所の判決―------------------------------- 諸岡健一
【海外論文紹介】
①IFA第68回年次総会(ムンバイ)議題2のジェネラル・レポート
(“General Report”, Cahiers de droit fiscal international vol.99b. at 17)
by Michael Lang & Claus Staringer
②Ji-Hyun Yoon,“The Journey Goes On,but Where To? ―A Review of
the 2013 Korean Supreme Court Decisions on Entity Classification Issues”,
Buttetin for International Taxation September 2014 at 455------------------- 今村 隆
【海外論文紹介】
①「課税事業体の決定と租税条約上の取扱い」(Danon)
②「事案は決着した:独米租税条約の下における米国S法人の課税上の取扱い
―ハイブリッド事業体に対する条約特典」(Resch)
③「ハイブリッド事業体を用いた『租税裁定』:挑戦と対応」(Rüdicke)------ 大野雅人
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・米国・英国・フランス・スウェーデン・フィリピン]  
業務報告・会合案内  
国税庁 「申告書確認表」及び「大規模法人における税務上の要注意項目確認表」について  


▲このページのトップへ



2015/4

租税研究(第786号)
APR

CONTENTS
     
論調
  表現の自由と反テロ~本質を見誤らぬ議論を------------------------------- 五十嵐徹
平成27年度税制改正について------------------------------------------- 佐藤慎一
平成27年度税制改正の動向-------------------------------------------- 平嶋彰英
OECDにおけるBEPSと自動的情報交換への取り組み------------------------ 浅川雅嗣
法人税申告に当たっての留意事項------------------------------------- 多田英里
大規模法人の法人税申告に当たっての留意事項-------------------------- 森下芳雄
消費税申告に当たっての留意事項--------------------------------------- 伊藤 博
国際課税 国際課税における重要な課税原則の再検討(第12回)
  米国を離脱する個人と法人インバージョンの現状とその問題点--------------- 本庄 資
Is BEPS good policy?------------------------------------------------- Richard Vann
Some Reflections on BEPS Action2------------------------------------- Graeme Cooper
外国事業体の租税条約上の取扱い―OECDアプローチの再検討------------- 今村 隆
大野雅人
本田光宏
渡邉 勲
居波邦泰
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [米国・EU]  
実務講座法人税 平成26年12月に改正された美術品通達を適用する場合の留意点------------- 小原一博
業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ


2015/3

租税研究(第785号)
MAR

CONTENTS
     
論調
  営業秘密の漏えい対策に万全を期そう----------------------------------- 天野真志
税務行政の現状と課題----------------------------------------------- 林 信光
恒久的施設帰属所得の具体的内容と関連する課題------------------------ 一高龍司
国税に関する審査請求の現状と裁決の動向----------------------------- 岡根秀規
法人税法22条4項に関する一考察
―企業利益概念の変革と公正処理基準の解釈の観点から―--------------- 角田享介
消費税申告に当たっての留意事項------------------------------------- 瀧田信宏
大規模法人の法人税申告に当たっての留意点----------------------------- 林 浩二
国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第15回・完)---------------- 品川芳宣
学説・判例理論の租税回避否認論の検証と問題点(全3回)第3回-------------- 大淵博義
IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月28日公表)について------ 島田眞一
税理士からみた平成26年度法人税改正の留意事項
―生産性向上設備投資促進税制,所得拡大促進税制を中心として―--------- 中塚秀聡
国際課税 最近の相互協議の状況について--------------------------------------- 福地啓子
細田千草
  国外移住・国籍離脱と所得・相続・贈与税~アメリカの事例を参考にして------- 髙橋祐介
OECD無形資産移転価格ガイドライン改正最終版第1弾---------------------- 宮武敏夫
The impact of BEPS on tax treaties------------------------------------- ミヒャエル・ラング
【海外論文紹介】
Qiguang Zhou著“The Relationship Between China's Tax Treaties and Indirect Transfer
Antiavoidance Rules”(中国の間接譲渡による租税回避否認規定と租税条約の関係)--- 青山慶二
地方法人課税の課題と改革の方向------------------- 林 宜嗣
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・EU・ルクセンブルグ・スイス・米国・オーストラリア・ブラジル・ カナダ・インド]  
業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2015/2

租税研究(第784号)
FEB

CONTENTS
     
論調
  神宮の森に想う~W杯と五輪と国立競技場~------------------------------- 久原 穏
財政と税制改革の課題-------------------------------------------------- 天野真志
五十嵐 徹
山口 聡
秦 邦昭
介護保険財政の仕組みと現状------------------------------------------- 林 正義
個人住民税の検討----------------------------------------------------- 林 宏昭
国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第14回)-------------------- 品川芳宣
学説・判例理論の租税回避否認論の検証と問題点(全3回)第2回-------------- 大淵博義
国際課税 事業再編と潜在的損益―実務的側面からの検討―------------------------ 山本 武
  租税条約等における情報交換について―「国際標準」と最近の動き―--------- 渡邉 勲
2014年度IFA年次総会(ムンバイ大会)報告会----------------------------- 青山慶二
小川廣明
居波邦泰
鍋谷彰男
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [スペイン・英国・ノルウェー]  
実務講座法人税 人格のない社団等の収益事業について---------------------------------- 佐藤友一郎
業務報告・会合案内  
    平成27年度税制改正大綱(平成26年12月30日 自由民主党,公明党)  


▲このページのトップへ




2015/1

租税研究(第783号)
JAN

CONTENTS
     
年頭所感
  世界のリーダーとしてふさわしい経済の再生と税制の抜本改革を------------ 西田厚聰
論調
  これから大切なのは『お金に頼らない生活』------------------------------ 山口 聡
  平成27年度経済産業省税制改正要望について--------------------------- 新居泰人
NISAの利用状況等及び27年度税制改正要望---------------------------- 齋藤通雄
最近の組合課税をめぐる裁判例について―いわゆるLPS訴訟―------------- 水野忠恒
国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第13回)------------------ 品川芳宣
学説・判例理論の租税回避否認論の検証と問題点(全3回)第1回-------------- 大淵博義
国際課税
  2014年9月公表のBEPS勧告に係る第1次提言と国際課税原則の改変---------- 居波邦泰
  国際課税における重要な課税原則の再検討(第11回)
ハイブリッド・ミスマッチ・アレンジメントをめぐる国際課税ルールの見直し
~ビジネス界と租税実務家のコメントを中心として~------------------------- 本庄 資
BEPSにおける移転価格課税問題について------------------------- 青山慶二
【海外論文紹介】
OECD, Co-operative Compliance: A Framework:
From Enhanced Relationship to Co-operative Compliance(2013)------- 増井良啓
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・ EU・世界銀行・オーストラリア・米国・ポーランド]  
業務報告・会合案内  
    租税研究・目次集(平成26年1月~平成26年12月)  


▲このページのトップへ




2014/12

租税研究(第782号)
DEC

CONTENTS
     
論調
  老いの問題と支える力------------------------------------------------- 山瀬一彦
    国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第12回)------------------- 品川芳宣
軽減税率,給付付き税額控除とインボイス--------------------------------- 森信茂樹
国際課税
  一般間接税100年の回顧と展望-クロスボーダー取引への対応を中心として---- 沼田博幸
BEPSへの対応と我が国企業への影響に関する調査報告(全3回)第3回------ 関谷浩一
別所徹弥
原口太一
上田 滋
無形資産と所得移転-調査報告書(2013年)を踏まえて------------------- 村岡欣潤
岡田至康
【海外論文紹介】
独立企業基準(Arm’s-Length Standard):それは法(law)である------------- 岡田至康
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・IFA・米国・韓国・中国]  
実務講座法人税 生産性向上設備投資促進税制を適用する場合の留意点------------------- 小原一博
    業務報告・会合案内  
日本公認会計士協会で「外国子会社合算税制における課税上の取扱いについて」
に関する研修会が行われました  
創刊当初の「租税研究」再生合本実費頒布のお知らせ
事務所移転のお知らせ


▲このページのトップへ




2014/11

租税研究(第781号)
NOV

CONTENTS
     
論調
  鯨食の文化を守りたい------------------------------------------------- 大高和雄
最近の経済・財政状況と税制における当面の諸問題------------------------- 佐藤慎一
    平成26年度 法人税関係通達の一部改正についての解説--------------------- 小原一博
非上場株式に係る事業承継税制の現状と課題
-「事業承継を中心とする事業活性化に関する検討会」中間報告を中心として---- 品川芳宣
個人所得課税における課税最低限について
(日本公認会計士協会租税調査会研究報告第28号)------------------------- 高田正昭
国際課税
  国際課税における重要な課税原則の再検討(第10回)
-租税条約の濫用を防止する国際課税ルールの見直し--------------------- 本庄 資
所得源泉/BEPS/arm’s length/競争---------------------------------- 浅妻章如
地域統括拠点の設置と税制-シンガポールと日本の比較を中心に-------------- 錦織康高
BEPSへの対応と我が国企業への影響に関する調査報告(全3回)第2回---------- 別所徹弥
原口太一
上田 滋
【海外論文紹介】
厳格文言解釈主義(Textualism)と租税条約の濫用-------------------------- 今村 隆
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・オーストラリア・インド・スイス・英国・米国]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2014/10

租税研究(第780号)
OCT

CONTENTS
     
  麻生副総理兼財務大臣に「平成27年度税制改正に関する租研意見」
を西田租研会長より提言-----------------------------------------------
論調
  元愛煙家の独り言 禁煙からみえてくる社会---------------------------- 五十嵐徹
    平成27年度税制に関する租研意見----------------------------------------
税制についての租研会員の意見調査結果----------------------------------
    医療介護総合改革の目指す方向----------------------------------------- 和泉徹彦
所得税改革と所得再分配----------------------------------------------- 宮崎 毅
国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第11回)--------------------- 品川芳宣
法人税改革のあり方について-------------------------------------------- 國枝繁樹
ヤフー・IDCF事件及びIBM事件 東京地裁判決の分析
-その射程とM&A実務への影響---------------------------------------- 太田 洋
閉鎖会社株式をめぐる租税実務上の諸問題
-近時の裁判例にみる資本等取引と損益取引の交錯の問題を中心として----- 平川雄士
会社解散・清算の税務実務--------------------------------------------- 太田達也
国際課税
  移転価格税制の執行について~移転価格調査担当者の視点から~---------- 萩原 成
平成26年度改正で導入された帰属主義について--------------------------- 青山慶二
インドネシア・マレーシア移転価格税制アップデート
-日本企業のための移転価格税務調査と事前確認制度の現状と実務--------- カルロ・ナバロ
テレサ・ゴー
BEPSへの対応と我が国企業への影響に関する調査報告(全3回)第1回-------- 関谷浩一
原口太一
上田 滋
2014.9 OECD公表 BEPS行動計画に係る勧告事項等の整理------------------ 居波邦泰
書評
  居波邦泰『国際的な課税権の確保と税源浸食への対応
-国際的二重非課税に係る国際課税原則の再考』(中央経済社/2014年)------ 秦 邦昭
    各国税制事情------------------------------------------------------- 租研事務局
    [国連・OECD・米国・フランス・スペイン]  
    業務報告・会合案内・クールビズ  


▲このページのトップへ




2014/9

租税研究(第779号)
SEPT

CONTENTS
     
論調
  都心の空を旅客機は飛ぶか---------------------------------------------- 天野真志
    〔国際課税実務検討会報告書〕
外国子会社合算税制(タックス・ヘイブン対策税制)における
課税上の取扱いについて----------------------------------------------- 日本租税研究協会
法人税改革の論点----------------------------------------------------- 國枝繁樹
法人税負担の現状と課題----------------------------------------------- 前川聡子
国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第10回)---------------------- 品川芳宣
平成26年度税制改正の実務ポイント---------------------------------------- 平川忠雄
消費税の軽減税率の適用について―東京税理士会会長諮問に対する
調査研究部、日本税務会計学会の答申に基づいて検討する―------------------- 太田達也
国際課税
  国際課税における重要な課税原則の再検討(第9回)
―アグレッシブ・タックス・プランニングの開示と移転価格文書化・国別報告
に関する租税実務家の役割----------------------------------------------- 本庄 資
一般否認規定の各国比較と日本への導入----------------------------------- 矢内一好
移転価格課税と管理会計マネジメント--------------------------------------- 髙久隆太
【海外論文紹介】
サプライズ!あなたの外国税額控除は901条(l)に従い認められません------------- 一高龍司
    各国税制事情---------------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・米国・国連・EU・ルクセンブルグ・スウェーデン・アルゼンチン]  
実務講座法人税 企業再生税制の適用における留意点~事業再生ファンドに係る特例を中心に~------ 島本豊暢
    業務報告・会合案内・クールビズ  
国際課税中級講座 開催のご案内


▲このページのトップへ




2014/8

租税研究(第778号)
AUG

CONTENTS
     
論調
  花の都よ,永遠なれ~パリ症候群と国家戦略特区と~----------------- 久原 穏
    経済発展に資する租税制度―新制度派経済学の観点から------------ 中里 実
平成26年度 法人税関係(含む政省令事項)の改正について---------- 藤田泰弘
平成26年度の国際課税(含む政省令事項)に関する改正について------ 安河内誠
山田博志
安倍政権下の医療政策について---------------------------------- 大森正博
国税通則法の実務解説
-国税手続等の法理と実務上の問題点を解明-(第9回)---------------- 品川芳宣
法人税改革について
―他税目を含む税収構成の見直しと経済成長を支える税制への転換------ 佐藤主光
どのような法人税改革が求められているか―課税ベースの議論---------- 鈴木将覚
平成26年度税制改正の実務ポイント-------------------------------- 上西左大信
国際課税
  移転価格税制に係る最近の状況----------------------------------- 梶巻重幸
BEPSの日本企業への影響―移転価格文書化と国別報告書を中心に―---- 望月文夫
米国移転価格課税の最近の動向について--------------------------- R.L.スローウィンスキー
サリム R.ラヒム
【海外論文紹介】
合併米国企業は税軽減のために欧州本社を選択する-------------------- 吉村政穂
Chloe Burnett, Intra-Group Debt at the Crossroads: Stand-Alone versus Worldwide
Approach, World Tax Journal, Vol.6, Issue 1, 40-76(February 2014)------ 増井良啓
    各国税制事情--------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・フランス・イタリア・スウェーデン・スペイン・米国・中国]  
    業務報告・会合案内  
クールビズ


▲このページのトップへ




2014/7

租税研究(第777号)
JULY

CONTENTS
     
論調
  休眠預金を社会のために活用しよう---------------------------------- 山口 聡
    地方財政・地方税制の現状と課題----------------------------------- 平嶋彰英
REFORMS IN TAX ADMINISTRATION : THE PHILIPPINE EXPERIENCE--- Kim S. Jacinto-Henares
INVESTING IN MALAYSIA : TAX PERSPECTIVE---------------------- タンスリ・モハマ・シュクール
現在の法人税制の課題および地域経済共同体における税制の調和------ マイケル・キーン
中山 清
税務行政上の国際協力の推進------------------------------------- 上田衛門
デフレ脱却と財政健全化:アベノミクスの中間評価-------------------- 中里 透
国際取引と消費税---------------------------------------------- 渡辺智之
アジアの租税競争---------------------------------------------- 鈴木将覚
法人税課税の課題―実効税率引下げの行方----------------------- 土居丈朗
事業再生と法人課税------------------------------------------- 髙橋祐介
国際課税
  国際課税を取り巻く現状------------------------------------------- 澤田 耕
国際課税における重要な課税原則の再検討(第8回)
~BEPSプロジェクトに対する欧米ビジネス界からの懸念と問題提起~------ 本庄 資
移転価格課税における文書化の課題--------------------------------- 大野雅人
【海外論文紹介】
トリーティー・ショッピングについての協議文書:問題及び可能な解決策---- 本田光宏
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・EU・アルゼンチン・オーストラリア・フィンランド・ドイツ・スイス・米国]  
    業務報告・会合案内  
クールビズ・お知らせ
第66回租税研究大会のお知らせ

▲このページのトップへ