公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2012年7月 | 2012年8月 | 2012年9月 | 2012年10月 | 2012年11月 | 2012年12月 |
| 2013年1月 | 2013年2月 | 2013年3月 | 2013年4月 | 2013年5月 | 2013年6月


2013/6

租税研究(第764号)
JUNE

CONTENTS
     
論調
くまモンとコモンウェルス--------------------------------------------- 市村 友一
(公社)日本租税研究協会第65回定時総会------------------------------
当面の経済産業政策について---------------------------------------- 寺澤 達也
付加価値税のタックスギャップについて------------------------------ マイケル・キーン
アジア諸国における一般的な租税回避否認規定について----------------- 中山 清
最適方法ルールの下での独立企業間価格算定に係る困難性の解決------- 角田 伸広
子ども子育て支援制度と待機児童問題-------------------------------- 和泉 徹彦
連結納税制度の日米比較------------------------------------------- 酒井 貴子
法人税法上の留意点---------------------------------------------- 上村 和紀
延滞税の改正と今後の改革の方向性について------------------------- 佐藤 英明
事例からみる最近の法人税の改正点と留意点------------------------ 成松 洋一
法人税における課税ベースのあり方について-------------------------- 小池 正明
企業実務上留意すべき重要租税判決の解説------------------------- 小山 浩
国際課税 国際課税をめぐる最近の状況-------------------------------------- 中村 毅志
デジタルコンテンツの国際電子取引に係る消費税の賦課徴収方法-------- 岩ア 政明
外国事業体課税について
名古屋高裁判決・各国の事業体の法人該当性の検討------------------ 岩品 信明
【海外論文紹介】
FATCAと新しい国際課税秩序の形成--------------------------------- 中村 信行
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [OECD・EU・米国・フランス]  
    業務報告・会合案内  
掲載記事についての訂正とお詫び
租研会員みなさまへのお知らせ
資 料 第65回定時総会資料


▲このページのトップへ




2013/5

租税研究(第763号)
MAY

CONTENTS
     
論調
ウナギから考えよう------------------------------------------ 大高和雄
インフレ促進策としての消費税増税----------------------------- 國枝繁樹
地方企業課税の検証―地域間配分を中心として------------------ 林 宏昭
消費税申告に当たっての留意事項----------------------------- 竹之下誠
企業組織再編税制について----------------------------------- 間佐古佳紀
租税法における同一性・類似性の援用と解釈-------------------- 中井 稔
更正の請求,更正期間の改正をめぐる実務処理----------------- 多田雄司
最近の相互協議の状況(日米を中心に)------------------------- Richard J. McAlonan
中宇根幹夫
国際課税
  国際的事業再編と源泉地国の課税権の確保----------------------- 居波邦泰
2013年2月12日公表OECD報告書“Addressing Base Erosion and Profit Shifting”
「税源侵食と利益移転への対応」(仮訳)---------------------------- 居波邦泰
国際課税における重要な課税原則の再検討(第2回)
公式配分方式(Formulary Apportionment method)の再検討----------- 本庄 資
外国事業体課税について---------------------------------------- 岩品信明
The Patent Box:各国のパテントボックス税制の概要----------------- 村岡欣潤
岡田至康
国際源泉課税と租税条約の適用手続----------------------------- 小畑孝雄
剰余金配当における資本と利益の区分問題----------------------- 大島恒彦
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [米国・インド・EU・オランダ・ニュージーランド・韓国]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2013/4

租税研究(第762号)
APRIL

CONTENTS
     
論調
シューカツを闘う者に○---------------------------------------- 五十嵐 徹
平成25年度税制改正について---------------------------------- 田中一穂
平成25年度税制改正の動向について---------------------------- 株丹達也
改正国税通則法施行後の調査手続等--------------------------- 山上淳一
大規模法人に対する審理上の留意事項-------------------------- 森下芳雄
法人税申告に当たっての留意事項(税制改正関係を中心として)------ 嵐 研一
消費税申告に当たっての留意事項------------------------------- 片山正史
現物分配と現物出資の税務上の諸問題--------------------------- 野田秀三
組合課税に係る近年の裁判例の検討----------------------------- 伊藤剛志
国際課税
  仮想世界(virtual world)と課税(1)-------------------------------- 吉村典久
【海外論文紹介】
Graetz教授らによる技術革新と国際課税に関する論文を読む----------- 増井良啓
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [米国・ベルギー・OECD]  
実務講座法人税 法人税申告における外国税額控除制度
(平成23年12月税制改正後)適用上の留意点------------------------- 山林茂生
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2013/3

租税研究(第761号)
MAR

CONTENTS
     
論調
水の都の記憶------------------------------------------------- 坂本裕寿
最近の税務行政の課題と対応----------------------------------- 古谷一之
最近の移転価格に関する税務当局の取組------------------------- 山川博樹
平成23年12月21日付課法2-17ほか------------------------------- 大澤幸宏
「法人税基本通達等の一部改正について(法令解釈通達)」について 
租税特別措置法関係通達(法人税編)関係------------------------ 松下滋春
無形資産と課税----------------------------------------------- 神山弘行
国税に関する審査請求の現状と裁決の動向------------------------ 伊藤義之
大規模法人に対する審理上の留意事項--------------------------- 一石欽哉
消費税と政治------------------------------------------------- 岩ア健久
財政再建を巡る怪しい主張について------------------------------- 國枝繁樹
更正をすべき理由がない旨の通知と更正との関係についての一考察---- 宮塚 久
国際課税
  国際課税における重要な課税原則の再検討(第1回)
─領土主義課税(Territorial Taxation)原則の再検討------------------ 本庄 資
日本企業の国際展開のダイナミズム(2002年〜2012年)と国際課税制度---- 赤松 晃
ドイツ機能移転課税の導入経緯と最新動向--------------------------- 池田良一
恒久的施設に係る課税問題について------------------------------- 山本 武
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [英国・オランダ・シンガポール・オーストラリア・米国・ペルー・ブラジル]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2013/2

租税研究(第760号)
FEB

CONTENTS
     
論調
新政権の政策決定システム─自公復活でどう変わった---------------- 川北隆雄
新春座談会
ポスト「社会保障・税一体改革」に向けた課題と今後のあり方----------- 小塩隆士
佐藤主光
田中秀明
西沢和彦
土居丈朗
医療制度における「財政」の役割----------------------------------- 大森正博
資本移動下の財政競争とその帰結-------------------------------- 田中宏樹
─自治体の財政健全化への影響を中心として
最近の金融証券税制等について---------------------------------- 油布志行
税務調査における手続変更の内容と問題点------------------------- 品川芳宣
─改正通則法と関係通達にどう対処するか
国際課税
  英国におけるラムゼイ原則と資本控除(capital allowance)への適用-------- 今村 隆
─2011年 Tower MCashback 事件英国最高裁判決を分析して
日本と欧州における最近の動き------------------------------------ 松田直樹
─国際的租税回避等への対応を中心として S. Austry
OECD移転価格ガイドライン─無形資産ディスカッションドラフトについて----- 宮武敏夫
【海外論文紹介】カナダ租税裁判所がハイブリッド・エンティティ----------- 吉村政穂
を利用した資金調達スキームの利益を一削り
2012年度IFA年次総会(ボストン大会)報告会-------------------------- 岡 直樹
居波邦泰
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・オランダ(EU)・ルクセンブルグ・ドイツ・フランス・ニュージーランド]  
    業務報告・会合案内  
資 料 平成25年度税制改正の大綱


▲このページのトップへ




2013/1

租税研究(第759号)
JAN

CONTENTS
     
年頭所感
税制抜本改革の確実な実施と日本経済の再生強化を----------------- 今井 敬
論調 遠くて近きは・・・------------------------------------------------ 大林 尚
税制抜本改革における消費税法の改正について-------------------- 住澤 整
社会保障・税一体改革と財政健全化
──税制抜本改革法附則第18条をめぐる議論を中心に--------------- 中里 透
自己株式等の資本取引に係る税制について
(租税調査会研究報告第7号)------------------------------------ 渡邊芳樹
国際課税
  UK Windfall Taxのアメリカにおける外税控除適格性
その他の外税控除をめぐる裁判例と議論--------------------------- 浅妻章如
海外企業買収と地域統括会社のタックス・プランニング--------------- 太田 洋
【海外論文紹介】
テクノロジー,VATコンプライアンス,および「黒い白鳥」の盲点----------- 沼田博幸
EU VATにおける原産地課税から仕向地課税への転換について
──欧州委員会が公表したコミュニケの紹介を中心として--------------- 沼田博幸
    各国税制事情---------------------------------------------------- 租研事務局
    [ロシア・EU(ドイツ)・EU(英国)・オーストラリア・OECD・中国・米国]  
実務講座法人税 過大支払利子税制に係るQ&A-------------------------------------- 荒井寿宏
    業務報告・会合案内  
■租税研究・目次集(平成24年1月〜平成24年12月)


▲このページのトップへ




2012/12

租税研究(第758号)
DEC

CONTENTS
     
城島税制調査会会長に「平成25年度税制改正に関する租研意見」
を西田租研副会長より提言---------------------------------------
論調
  オバマケアは定着するか─医療保険改革にみるアメリカ----------------- 市村友一
    平成25年度経済産業省の税制改正要望について---------------------- 藤木俊光
加算税をめぐる最近の重要判決の動向と国税通則法改正の影響について--- 品川芳宣
信託税制の課題と展望------------------------------------------ 平野嘉秋
給付付き税額控除をどのように仕組むか─税務執行の視点から---------- 八塩裕之
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第16回)
─日本におけるタックス・ヘイブン特性の検出------------------------- 本庄 資
移転価格税制の国内取引への適用可能性--------------------------- 矢内一好
企業グループ内役務提供─海外統括会社及び間接配賦を中心に---------- 山本 武
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [英国・オランダ(ドイツ/フランス/ポルトガル)・EU・米国(EU/WTO)・米国]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2012/11

租税研究(第757号)
NOV

CONTENTS
     
論調
  「五輪の年」に考えた--------------------------------------------- 大高和雄
    地方分権化での少子化対策------------------------------------- 西川雅史
社会保障・税一体改革の影響─財政の持続可能性と世代会計-------- 日高政浩
付加価値税としての消費税-------------------------------------- 玉岡雅之
繰越欠損金の法人税実務-------------------------------------- 太田達也
国際課税
  移転価格税制をめぐる最近の状況(執行に関する話を中心に)------------ 戸谷淳哉
オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第15回)---------------- 本庄 資
信託等のentityと国際課税:所属の帰属と前提問題-------------------- 浅妻章如
国際課税における実務上の最新の諸問題について-------------------- 平川雄士
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [EU・EU(ポルトガル)・英国(米国)・マン島・デンマーク・インド・ブラジル・コロンビア・南アフリカ]  
実務講座法人税 いわゆる「当初申告要件」及び「適用額の制限」の改正に係る留意点------- 小原一博
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ



2012/10

租税研究(第756号)
OCT

CONTENTS
     
論調
  豊かさ夢見た時代は忘れる---------------------------------------- 坂本裕寿
    平成25年度税制改正に関する租研意見-----------------------------
税制についての租研会員の意見調査結果---------------------------
    少子社会下での教育行財政改革---------------------------------- 中野英夫
償却資産にかかる固定資産税------------------------------------ 鈴木将覚
特殊な金融取引についての課税上の問題点----------------------- 中里 実
消費者と税法--------------------------------------------------- 橋祐介
税務調査のトラブル予防と税務紛争への最新の対処法----------------- 内海英博
我が国の消費税の現状と今後の方向性について(中間報告):------------- 石黒徹哉
日本公認会計士協会租税調査会研究報告第24号/第2回-------------- 田正昭
青色申告制度のあり方について------------------------------------- 小池正明
国際課税
  オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第14回)---------------- 本庄 資
2011年国連モデル条約改定について------------------------------- 青山慶二
移転価格課税の簡素化について---------------------------------- 駒宮史博
【海外論文紹介】
第17条にはレッドカード?---------------------------------------- 一高龍司
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [米国・ベルギー(英国)・オランダ(EU)・台湾・EU]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2012/9

租税研究(第755号)
SEPT

CONTENTS
     
論調
  真夜中のタクシーは今夜も---------------------------------------- 坂本裕寿
    社会保障・税一体改革について------------------------------------- 星野次彦
平成23年度国税通則法の改正等----------------------------------- 大柳久幸
最近の経済情勢と税制について------------------------------------ 丸山慶一郎
タックスプランニングをめぐる税務訴訟の現状と問題点----------------- 品川芳宣
我が国の消費税の現状と今後の方向性について(中間報告): 岩ア健久
日本公認会計士協会租税調査会研究報告第24号/第1回-------------- 須藤一郎
平成23年構築法税制・平成24年度税制改正の実務ポイント------------- 平川忠雄
国際課税
  OECD加盟国間及び中国等新興国との間での二重課税問題------------- 角田伸広
移転価格税制の執行について------------------------------------- 比田勝隆博
ハイブリッド事業体・取引を利用したスキームをめぐる課税上の問題------ 吉村政穂
英国法人税制アップデートセミナー--------------------------------- Kケミシュ
【海外論文紹介】
米国はパテントボックスの検討をすべき時か?------------------------ 岡田至康
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [ベルギー・ルクセンブルグ・EU(ドイツ)・EU(スペイン)・EU(フランス)・EU(イタリア)  
    ・EU(フィンランド)・EU(ハンガリー)・米国]  
実務講座法人税 復興特別法人税について------------------------------------------- 大澤幸宏
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2012/8

租税研究(第754号)
AUG

CONTENTS
     
論調
  消費増税で日本経済に明日はあるか----------------------------------- 川北隆雄
    社会保障と税の一体改革------------------------------------------ 吉川 洋
経済発展におけるシンガポール内国歳入庁の役割---------------------- モーゼス・リー
平成23年度及び平成24年度税制改正(法人税関係)について------------- 椎谷 晃
人口動態と政策--------------------------------------------------- 山重慎二
従業員持株会の課税関係について---------------------------------- 斉木秀憲
組織再編税制に係る照会事例及び子会社等を再建するために
債権放棄等を行う場合の留意点------------------------------------ 林 浩二
消費税増税における逆進性緩和策と給付付き税額控除を考える--------- 林 宜嗣
わが国企業のIFRS対応について----------------------------------- 島田眞一
平成23年度・24年度税制改正の実務ポイント-------------------------- 上西左大信
国際課税
  恒久的施設(PE)の定義に関するOECDにおける議論について------------ 水谷年宏
国際課税に係る最近の取組---------------------------------------- 中田光男
中国における移転価格課税リスク---------------------------------- 久隆太
ベルギー租税法・国際租税法の最近の展開------------------------- フィリップマレルブ
【海外論文紹介】
National Grid Indus 判決の前と後におけるEU/EEAの出国課税----------- 大野雅人
    各国税制事情-------------------------------------------------- 租研事務局
    [ロシア・フィリピン・オーストラリア・EU・英国・デンマーク・オランダ・ドイツ・OECD]  
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2012/7

租税研究(第753号)
JULY

CONTENTS
     
論調
  税金を気持ちよく払うには------------------------------------------- 大林 尚
    地方税制の現状と課題--------------------------------------------- 平嶋彰英
シンガポール内国歳入庁長官との意見交換会--------------------------
〔国際的組織再編等課税問題検討会報告書〕
外国における組織再編成に係る我が国租税法上の取扱いについて--------- 日本租税研究協会
経済学的に正しい政策の実現がなぜ難しいのか----------------------- 小澤太郎
給与所得控除の改正と所得税改革---------------------------------- 橋本恭之
実務上注目される近時の重要租税判決の解説------------------------ 小山 浩
国際課税
  ボランタリー・ディスクロージャーと国際的情報交換-------------------- 居波邦泰
オフショア・タックス・ヘイブンをめぐる国際課税(第13回)--------------- 本庄 資
中国進出の課題と対応------------------------------------------- 久隆太
移転価格税制における「準ずる方法」の位置づけ--------------------- 望月文夫
米国移転価格課税の最近の動向について-------------------------- C.A.ダナフー
S.R.ラヒム
R.L.スローウィンスキー
【海外論文紹介】移転価格と事業再編------------------------------ 角田伸広
【海外論文紹介】租税回避と租税条約:最近における英国の経験-------- 今村 隆
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [シンガポール・マレーシア・中国・ベラルーシ・イタリア・EU・米国・OECD]  
実務講座法人税 マンション駐車場に係る収益事業の判定について------------------------ 東辻淳次
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ