公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2009年7月 | 2009年8月 | 2009年9月 | 2009年10月 | 2009年11月 | 2009年12月 |
| 2010年1月 | 2010年2月 | 2010年3月 | 2010年4月 | 2010年5月 | 2010年6月


2010/6


租税研究(第728号)
JUNE

CONTENTS
     
論調
  成長をどうつくるか------------------------------------------------------------------ 小此木潔
    日本租税研究協会第62回通常総会
産業政策行政をめぐる当面の課題--------------------------------------------------------- 北川慎介
財政制度と地域経済------------------------------------------------------------------- 山重慎二
非上場企業会計と税法との関係---------------------------------------------------------- 品川芳宣
固定資産税と企業課税----------------------------------------------------------------- 戸谷裕之
税制改革の展望:民主党政権下での税制議論について(その2)
─法人税改革,金融所得一体課税,抜本的税制改革----------------------------------------- 森信茂樹
新株の有利発行と課税---------------------------------------------------------------- 垂井英夫
<税法解釈適用シリーズ(全4回)>第2回:最高裁判決における文離解釈の疑問点と理論的解明------- 大淵博義
金銭債権の評価と貸倒れの認定--------------------------------------------------------- 中井 稔
貸倒損失の税務--------------------------------------------------------------------- 多田雄司
国際課税
  クロスボーダー取引と消費課税--------------------------------------------------------- 沼田博幸
韓国パートナーシップ税制について------------------------------------------------------ 平野嘉秋
林 徳順
タックスへイヴン対策税制(CFC税制)---------------------------------------------------- 浅妻章如
欧州における国際課税を巡る最近の動き------------------------------------------------- S. Austry
M. Collet
インド移転価格税制の最近の動向について----------------------------------------------- S. ゴーシュ
【海外論文紹介】
政府系ファンドへの対応:正しい着眼点はどこか-------------------------------------------- 中村信行
OECDにおける集団投資ビークル(CIV)の二重課税回避に関わる租税条約上の議論---------------- 東 眞之
と公開諮問に至る経緯について 椎名隆一
集団投資ビークル(CIVs)プロジェクト概括------------------------------------------------- 租研事務局
    各国税制事情-------------------------------------------------------------------------- 租研事務局
    OECD・米国・EU・英国・フランス・ロシア・オーストラリア・シンガポール〕 
実務講座法人税
  米国LLCと国際課税------------------------------------------------------------------- 秋元秀仁
    業務報告・会合案内
資 料 第62回通常総会資料


▲このページのトップへ


2010/5


租税研究(第727号)
MAY

CONTENTS
     
論調
  「余計なお世話」と「不作為」---------------------------------------------- 中村 秀明
    地方の企業課税-------------------------------------------------------- 林 宏昭
藤原 稔之
収益認識基準見直しの方向性と法人税法上の論点--------------------------- 吉村 政穂
年金制度の現状と今後の課税のあり方について------------------------------ 鳴島 安雄
減価償却資産等に係る税務上の取扱い------------------------------------ 岡本 和宏
税制改革の展望:民主党政権下での税制議論について(その1)─所得税・番号制度-- 森信 茂樹
<税法解釈適用シリーズ(全4回)>
第1回:「交際費等」の解釈適用の現状と課題--------------------------------- 大淵 博義
    資産の評価損をめぐる実務事例の検討------------------------------------- 成松 洋一
国際課税
  【米国法人税制(第16回)】
    租税回避スキームとその防止対策(3)──
信託を利用した租税回避スキームと防止規定--------------------------------- 本庄 資
OECDモデル租税条約25条5項に導入された仲裁規定の意義──
OECDの事例検討を手がかりに--------------------------------------------- 赤松 晃
米国移転価格課税の最近の動向について----------------------------------- R. J.カニンガム
C. A. ダナフー
R.L.スローウィンスキー
EUにおける税制改正と日本企業へのインパクト------------------------------- C. V. d.ヘルム
高嶋 健一
【海外論文紹介】
外国税額控除の多国間プーリング制度の提案と米国の二国間租税条約---------- 鈴木 一路
予算教書及びグリーンブック(2011)の概要--------------------------------- 租研事務局
    各国税制事情--------------------------------------------------------- 租研事務局
  〔EU・ドイツ・フランス・英国・米国・カナダ・シンガポール・香港・中国〕
業務報告・会合案内


▲このページのトップへ


2010/4


租税研究(第726号)
APRIL

CONTENTS
     
論調
  神話にするなモノづくり日本------------------------------------------------ 五十畑 隆
    わが国における会計基準のコンバージェンス─IFRS導入を視野に---------------- 西川 郁生
国家財政と自治体財政,個人住民税の概要と今後の課題---------------------- 水野 敦志
地方交付税制度の再構築への指針:留保財源率の引き下げという選択----------- 西川 雅史
減価償却資産等に係る税務上の取扱いについて----------------------------- 伴 充
法人税申告にあたっての留意事項について─最近の改正事項に関する取扱い---- 中塚 秀聡
消費税申告にあたっての留意事項について--------------------------------- 高瀬 智之
租税回避,節税,通謀虚偽表示についての,判例と実務の動向---------------- 木村弘之亮
資産評価をめぐる企業会計と税制上の諸問題------------------------------ 中井 稔
    企業会計と税務について(申告調整等と併せて)----------------------------- 諸星 健司
「純資産の部」の会社法と会計・税法の実務(2)─自己株式の取得,譲渡,消却を中心として-- 小池 正明
国際課税
  平成22年度税制改正(国際課税関係)について─
    外国子会社合算税制,移転価格税制の見直しを中心に------------------------- 灘野 正規
中国の税制・税務行政の現状・課題----------------------------------------- 伏見 俊行
【米国法人税制(第15回)】
租税回避スキームとその防止対策(2)──
パートナーシップを利用した租税回避スキームと防止規定---------------------- 本庄 資
1994年カリブ共同体多国間租税協定--------------------------------------- 横浜国際租税法研究会
    各国税制事情--------------------------------------------------------- 租研事務局
  〔EU・ドイツ・英国・アイルランド・米国・シンガポール・香港・中国・韓国・OECD〕
実務講座法人税 再建計画における資産の評価損益の計上等について-------------------------- 東辻 淳次
業務報告・会合案内


▲このページのトップへ


2010/3


租税研究(第725号)
MARCH

CONTENTS
     
論調
  税制改正の過程を振り返る-------------------------------------------------- 丸山 淳一
    平成22年度税制改正案について--------------------------------------------- 古谷 一之
平成22年度税制改正案について--------------------------------------------- 青木 信之
地方自治体のインフラ資産活用に対する行政制度のあり方に関する実証分析--------- 赤井 伸郎
大規模法人の申告審理上の留意事項---------------------------------------- 長井 伸仁
消費税申告における留意事項について--------------------------------------- 藤井 寛晴
課税自主権の拡充と地方自治体の取組─杉並区減税自治体構想研究会報告書------ 林 宏昭
上村 敏之
自己株式をめぐる諸問題--------------------------------------------------- 野田 秀三
    特殊事業体における多様な損益分配─構成員課税と会計問題-------------------- 平野 嘉秋
「純資産の部」の会社法と会計・税法の実務─資本計数の変動と増減資を中心として--- 小池 正明
国際課税
  相互協議を伴う事前確認の現状について-------------------------------------- ^野 茂
    外国子会社配当益金不算入制度の税務上の留意事項-------------------------- 秋元 秀仁
OECD移転価格ガイドラインの2009年9月9日付改正案について-------------------- 宮武 敏夫
<国際課税の裁判例分析(全3回)>第3回: 宮塚 久
近時のタックス・ヘイブン対策税制?に係る裁判例の分析・検討--------------------- 北村 導人
【海外論文紹介】
ザイリンクス(Xilinx)事件と独立企業基準------------------------------------- 岡田 至康
    各国税制事情----------------------------------------------------------- 租研事務局
  〔OECD・フランス・スペイン・ベルギー・ドイツ・英国・米国・ブラジル・中国・香港・インド〕
業務報告・会合案内


▲このページのトップへ


2010/2


租税研究(第724号)
FEBRUARY

CONTENTS
     
論調
  変化した税制改正の手法──そして,中身はどうなった---------------------------- 川北 隆雄
新春座談会
日本の税財政の今後の課題------------------------------------------------- 五十畑 隆
小此木 潔
丸山 淳一
秦 邦昭
    交際費課税の基本的構造とその本質──萬有製薬事件を素材として---------------- 八ツ尾 順一
    中小企業の事業承継税制の論点整理と諸問題の検討
──日本公認会計士協会租税調査会研究報告第19号の解説--------------------- 七松 優
国際課税
  国際航空券税(国際人道税)等国際課税の問題について【公開対談】--------------- V・ペリー
金子 宏
    最近の金融に関する課税問題----------------------------------------------- V・ペリー
中山 清
30年目のタックス・ヘイブン対策税制------------------------------------------ 伴 忠彦
    【米国法人税制(第14回)】
租税回避スキームとその防止対策(1)──免税団体を利用する租税回避---------------- 本庄 資
    英国における一般的租税回避防止規定の検討について---------------------------- 辻 富久
<国際課税の裁判例分析(全3回)>第2回: 源泉徴収課税を巡る国際租税法上の問題点- 弘中 聡浩
伊藤 剛志
【海外論文紹介】
制定法上の一般否認規定:英連邦諸国からの英国に対する教訓--------------------- 今村 隆
    各国税制事情------------------------------------------------------------ 租研事務局
  〔OECD・米国・カナダ・EU・英国・フランス・チリ・インドネシア・マレーシア・中国・インド〕
実務講座法人税   所得税額控除に係る更正の請求について---------------------------------------- 森 文人
業務報告・会合案内
資 料 平成22年度税制改正大綱


▲このページのトップへ


2010/1


租税研究(第723号)
JANUARY

CONTENTS
     
年頭所感
  「シャウプ勧告」以来の抜本的な税制改革を期待-------------------------------- 今井 敬
論調
  歴史という法廷に立つ覚悟------------------------------------------------- 大林 尚
    法人税における資本等取引と損益取引──『混合取引の法理』の提案---------------- 金子 宏
    最近の2つの事例から資本と利益の区分原則を考える----------------------------- 大島 恒彦
国際課税
  国外所得免除制度が惹起する課題------------------------------------------- 松田直樹
    米国における主要な国際課税立法提案---------------------------------------- Theodore D. Setzer
タックスヘイブンの動向----------------------------------------------------- 川田 剛
    G20合意後のタックスヘイブン規制の動向-------------------------------------- 矢内一好
    日本の投資家にとってのオランダの魅力:税制の面から---------------------------- Sigrid J. C. Hemels
<国際課税の裁判例分析(全3回)>第1回: 近時の移転価格裁判例の動向----------- 太田 洋
手塚崇史
OECDコメント募集のためのディスカッション・ドラフト------------------------------- 租研事務局
    各国税制事情------------------------------------------------------------ 租研事務局
  〔国連(UN)・インド・中国・EU・英国・ドイツ・オランダ・スペイン・米国・IFA〕
    業務報告・会合案内
租税研究・目次集 (平成20年1月〜平成20年12月)


▲このページのトップへ


2009/12

租税研究(第722号)
DEC

CONTENTS
     
論調
  消費税はいつ上がるか--------------------------------------------- 小此木潔
〔財政経済研究会報告書〕
持続可能な社会保障制度の確立と税・財政の一体的改革------------- 日本租税研究協会
金融所得課税の一体化に向けての論点と在り方------------------------ 原 武彦
国際課税
  【米国法人税制(第13回)】
関連企業グループ内部取引──米国のタックスヘイブン対策税制--------- 本庄 資
ドイツ連邦共和国の法体系における租税条約------------------------- ディーター・ビルク
オランダ,イギリス,ドイツ税制最新動向----------------------------- F. ヤンセン
J. ストッブズ
H. P. ムザール
富田千寿子
東南アジア諸国における移転価格税制の最新動向及び事前確認制度の利用状況-- Jee Chang See
中津利道
2009年インド予算案における税制改正について------------------------- 田川利一
ニラドリ・ナグ
武末朝生
負債バイアスその他の歪み: 租税政策における危機関連の諸問題(その2)-- 本庄 資
    【海外論文紹介】  
  インボイス指令〈2001/115/EC〉
(現在はVAT指令〈2006/112/EC〉に組み込まれている)の研究------------- 沼田博幸
    各国税制事情------------------------------------------------------ 租研事務局
    〔スウェーデン・スイス・フランス・オランダ・スペイン・欧州理事会・EU・米国・  
シンガポール・中国・インド〕
実務講座法人税
 

外国子会社からの配当等の益金不算入---------------------------------

窪田悟嗣
    〈学会レポート〉租税法学会(第38回総会)から---------------------------- 租研事務局
業務報告・会合案内

▲このページのトップへ


2009/11

租税研究(第721号)
NOV

CONTENTS
     
藤井税制調査会会長に「平成22年度税制改正に関する租研意見」
を今井租研会長より提言-------------------------------------------
論調 政権交代と経済政策---------------------------------------------- 今松英悦
〔税務会計研究会中間報告〕
企業会計基準のコンバージェンスと法人税の対応---------------------- 租税研究協会
減価償却と減損損失の課税上の論点-------------------------------- 成道秀雄
今,経済政策における戦略性を問い直す------------------------------ 小澤太郎
抜本的税制改革と地方税制--------------------------------------- 林 宏昭
固定資産税(償却資産)の現状と課題------------------------------- 前田高志
納税者番号と税・社会保障の一体改革------------------------------- 渡辺智之
会計基準の国際的共通化の法人税法への影響----------------------- 鈴木一水
連結納税制度を適用する場合の実務上の課題についての検討----------- 渡邊芳樹
国外における組織再編等にかかる国内税法の適用関係について(中間報告)
──日本公認会計士協会租税調査会研究報告第17号の解説------------- 南波 洋
国際課税
  【米国法人税制(第12回)】
    関連企業グループ内部取引──過少資本税制,アーニング・ストリピング・ルール-- 本庄 資
負債バイアスその他の歪み: 租税政策における危機関連の諸問題(その1)---- 本庄 資
    【海外論文紹介】  
  所得課税における利子費用の取扱いの多国間解決方法--------------------- 青山慶二
    各国税制事情------------------------------------------------------ 租研事務局
    [IFA・OECD・米国・ドイツ・EU・台湾・中国・香港・シンガポール・インド  
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ


2009/10

租税研究(第720号)
OCT

CONTENTS
     
  (公社)日本租税研究協会創立60周年記念式典---------------------------
論調 年金制度の抜本改革に着手を-------------------------------------- 五十畑隆
    平成22年度税制改正に関する租研意見------------------------------
税制についての租研会員の意見調査結果----------------------------
納税者コンプライアンスと税務行政--------------------------------- 猪野 茂
公益法人制度改革と税制改正------------------------------------- 水野忠恒
地方自治と税制------------------------------------------------- 山田雅俊
企業結合会計基準と組織再編成税制-------------------------------- 阿部泰久
貸倒れ,貸倒引当金の税務・会計---------------------------------- 太田達也
組織再編の今-------------------------------------------------- 中村慈美
資産の評価損をめぐる実務上の諸問題─土地と上場株式の評価損を中心として-- 成松洋一
国際課税
  最近の国際経済下における税制の動向──
    経済危機下における税制(国際人道税 〈航空運賃税〉を含む)-------------- Vペリー
最近における法人の審理上の問題点──国際課税を中心として------------- 秋元秀仁
移転価格課税と他の課税との二重課税──
外国子会社配当益金不算入制度導入の影響---------------------------- 中里 実
日系企業から見る米国税制改正-------------------------------------- 徳弘高明
小林 徹
    【海外論文紹介】  
  Havens in a storm を読む──「有害な税の競争」をめぐる言説の競争------- 増井良啓
    各国税制事情----------------------------------------------------- 租研事務局
    [米国・シンガポール・タイ・オーストラリア・英国・ベルギー・ギリシャ・イタリア  
実務講座法人税
 

平成21年及び平成22年に土地等を取得した場合の特例について-------------

佐藤友一郎
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ


2009/9

租税研究(第719号)
SEPT

CONTENTS
     
論調
  「首長たちの夏」に期待する------------------------------------------ 丸山淳一
    社会保障と地方財政----------------------------------------------- 林 正義
消費税の課題──複数税率とインボイスの問題を中心として--------------- 西山由美
消費税の納税義務者----------------------------------------------- 肥後治樹
地方法人2税の創設から最近の課題まで------------------------------ 戸谷裕之
地方消費税の今後について----------------------------------------- 玉岡雅之
金融所得一体課税と所得税法上の課題-------------------------------- 酒井克彦
企業組織再編税制について──グループ内再編の留意点を中心に-------- 山田弘一
新役員給与に関する疑問と税務の取り扱い----------------------------- 大江晋也
平成21年度税制改正の実務ポイント---------------------------------- 平川忠雄
国際課税
  最近の国際課税制度の改正等について──課税の現場から垣間見ること------ 神本敏正
    2008年OECDモデル租税条約──OECDモデル租税条約の動向-------------- 川端康之
【米国法人税制(第11回)】
無形資産・費用分担契約・サービス──移転価格税制(3)----------------- 本庄 資
移転価格課税における本質的問題------------------------------------- 藤澤鈴雄
    【海外論文紹介】  
  事業再編の移転価格に関するOECDドラフトの概要------------------------ 本田光宏
    各国税制事情------------------------------------------------------ 租研事務局
    [EU・ルクセンブルグ(英国)・ドイツ・スウェーデン・イスラエル・オマーン・中国・  
インドネシア・オーストラリア・米国・ OECD〕
実務講座法人税
 

最近の国際課税における審理事例---------------------------------------

秋元秀仁
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2009/8

租税研究(第718号)
AUG

CONTENTS
     
論調
  「逃げ水」のような財政再建------------------------------------------ 川北隆雄
    地方税の現状と課題------------------------------------------------- 佐藤文俊
オバマ政権の税制改革と日本への含意---------------------------------- 國枝繁樹
日本の医療制度改革の方向性について---------------------------------- 大森正博
アメリカ連邦政府と地方政府における租税支出レポートの実態---------------- 上村敏之
会計基準の国際的統合化と確定決算主義-------------------------------- 坂本雅士
収益認識基準の見直しと税務会計との関係─租税立法における会計基準の受容-- 吉村政穂
国際課税
  OECDでの移転価格の議論-------------------------------------------- 本田光宏
    国際課税の最近のトピック:OECDにおけるタックスヘイヴンプロジェクトを中心に--- 荒木 知
租税条約部門における近年のOECDプロジェクト---------------------------- R・ロッソ
多国籍企業による持株会社を利用したタックスプランニングと課税-------------- 青山慶二
投資ファンドとCarried Interest 課税:その構造と問題------------------------ 高橋祐介
移転価格事案の訴訟に係る対処等の検討─米国の判例等を踏まえて---------- 居波邦泰
日豪における国際課税制度の改正とそのインパクトについて------------------- R.アスキーニ
A.シーヴ
高嶋健一
八田陽子
2006年アメリカ合衆国モデル租税条約------------------------------------ 横浜国際祖税法研究会
    【海外論文紹介】  
  所得税法上の一般的租税回避防止規定と大陸法上の法の濫用法理との比較----- 駒宮史博
    各国税制事情------------------------------------------------------ 租研事務局
    [EU・英国・イタリア・オランダ・OECD・インドネシア・香港・韓国・米国]  
実務講座法人税
 

子会社等の再建のために行う債権放棄等--------------------------------

東辻淳次
    業務報告・会合案内  


▲このページのトップへ




2009/7

租税研究(第717号)
JULY

CONTENTS
     
論調
  厚労省の再編,誰を利するか------------------------------------------ 大林 尚
    金融危機と世界危機の動向------------------------------------------- 武藤敏郎
非協力的地域への国際的な取り組み──透明性と情報交換の必要性について- 田中琢二
我が国の教育財政改革と子供の教育ニーズ------------------------------ 中野英夫
財政収支と財政健全化---------------------------------------------- 中里 透
平成21年度の法人税関係(含む政省令事項)の改正について
<法人税に関する改正(国際課税を除く)>------------------------------- 佐々木浩
<国際課税に関する改正>------------------------------------------- 灘野正規
組織再編税制における実務上の留意点---------------------------------- 一石欽哉
個人住民税の課税ベース拡大による地方税改革--------------------------- 八塩裕之
「資本の部」から「純資産の部」への転換の意義と税務への影響を考える--------- 大島恒彦
平成21年地価公示について------------------------------------------- 小野寺卓
国際課税
  国際課税に関する現状と課題------------------------------------------ 中宇根幹夫
    【米国法人税制(第10回)】
関連企業グループ内部取引の取扱い──移転価格税制(2)------------------- 本庄 資
欧州税制に押し寄せる津波-------------------------------------------- ジャンマルコ・モンセラート
英国及び米国における法人税制度の最新動向----------------------------- ジョー・ストッブズ
スチュアート・アイソン
富田千寿子
    【海外論文紹介】  
  事前確認(APA)は公開されるべきか?----------------------------------- 岡田至康
    各国税制事情------------------------------------------------------ 租研事務局
    [中国・インド・インドネシア・スウェーデン・スペイン・オランダ・EU・オーストラリア・米国・OECD]  
実務講座法人税
 

上場有価証券の評価損に関する税務上の取扱い---------------------------

小原一博
    業務報告・会合案内  

▲このページのトップへ