公益社団法人 日本租税研究協会



「租税研究」バックナンバー

| 2003年7月 | 2003年8月 | 2003年9月 | 2003年10月 | 2003年11月 | 2003年12月 |
| 2004年1月 | 2004年2月 | 2004年3月 | 2004年4月 | 2004年5月 | 2004年6月 |
 

2004/6

租税研究(第656号)
JUNE

CONTENTS
   
        論調
 "大学という窓"から「日本」のひずみを感じた---------------------------------------------宮智宗七
 (公社)日本租税研究協会第56回通常総会 
討論会
 連結納税制度を導入して 
 ---導入時の問題点と対応 
 産業政策行政をめぐる当面の課題------------------------------------------------------齋藤浩
 電子申告・納税システムについて-------------------------------------------------------岩崎吉彦
 金融所得一体課税について-----------------------------------------------------------奥野正寛
 環境税の行方----------------------------------------------------------------------横山彰
 わが国の企業結合会計基準-----------------------------------------------------------万代勝信
  税法と商法の乖離------------------------------------------------------------------ 渡邉徹也
 ---資本の部の取扱いを中心に 
 減資その他における積立金処理について-------------------------------------------------大島恒彦
 「会社法制の現代化に関する要綱試案」の解説<会社法現代化シリーズNo.1>---------------------中島祐二
 ---資本の部に関する計算関係を中心に 
国際課税
 中国国家税務総局との意見交換会 
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 (カナダ)移転価格調査にあたっての第三者情報の使用の再確認【海外論文紹介@】----------------マーチン・プシスキー他

 各国税制事情----------------------------------------------------------------------租研事務局
 [ EU・デンマーク・オランダ・フランス・ドイツ・英国・シンガポール・スリランカ・韓国・中国・カナダ ] 
実務講座法人税
 産業再生法の債権放棄を含む計画等について---------------------------------------------小山真輝
 
 業務報告・会合案内
 
資料
 第56回通常総会資料 

▲このページのトップへ



 
2004/5

租税研究(第655号)
MAY

CONTENTS
   
         論調
  どこへいった租税国家再生の論議-------------------------------------------------------
 
今松英悦
 法人所得課税と企業会計--------------------------------------------------------------坂本雅士

 ---アメリカと比較して 
 不良債権処理の税務上の問題点(その2)--------------------------------------------------太田達也
 ---企業再生に係る税務上の論点 
 組織再編成と資本の部----------------------------------------------------------------竹内陽一
 ---別表5を中心とした事例解説 
 資本取引の具体的事例と税務研究(第3回)------------------------------------------------三宅茂久
  地球温暖化対策税の税率とその経済影響の試算について------------------------------------
増井利彦
 地方分権下における固定資産税制の課題-------------------------------------------------中野英夫
 法定外目的税の現状と課題------------------------------------------------------------沼尾波子
 ………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 ストック・オプション判決について---------------------------------------------------------一高龍司
 ---資産の譲渡の対価としての性質の検討を中心に 
     国際課税
 海外における企業再編の状況----------------------------------------------------------許斐義信
 ---ヨーロッパを中心にして 
 各国税制事情-----------------------------------------------------------------------租研事務局

  [ アイルランド・英国・デンマーク・オランダ・ドイツ・スイス・イタリア・インド・中国・
米国・メキシコ・ケイマン諸島・OECD ]
 
実務講座法人税
 利益の資本組入れを行った場合の資本積立金額等------------------------------------------高木美満子
 
 業務報告・会合案内
 

▲このページのトップへ



 
2004/4

租税研究(第654号)
APRIL

CONTENTS
   
論調
  日本そのものの門戸開放を-----------------------------------------------------------
ー究極の少子高齢化対策を考えよう
 
五十嵐隆
  平成16年度税制改正について--------------------------------------------------------大武健一郎
   平成16年度税制改正について------------------------------------------------板倉敏和
  政府税制調査会「平成16年度税制改正に関する答申」について-------------------------水野忠恒
  地方制度改革の動向-------------------------------------------------------新藤宗幸
  不良債権処理の税務上の問題点(その1)-貸倒をめぐる税務上の論点-----------------------太田達也
  サービサー業務の現状と税務上の問題点について----------------------------------中村慈美
  資本取引の具体的事例と税務研究(第2回)---------------------------------------三宅茂久
国際課税
 日米租税条約の主な改正点---------------------------------------------------淺川雅嗣
  欧米主要国の減価償却制度----------------------------------------------------------- 本庄 資
   国際課税の基本構造
ー源泉徴収・租税条約・移転価格税制を含む基本と応用事例(その2)--------------------------
佐藤正勝
   各国税制事情---------------------------------------------------------------租研事務局
[デンマーク・フランス・オランダ・イタリア・EU・ニュージーランド・中国・台湾・カナダの税制の動向]
 
実務講座法人税
 ソフトウェアに係る税務上の取扱事例------------------------------------------------------高木美満子
  業務報告・会合案内
 

▲このページのトップへ



 
2004/3

租税研究(第653号)
MARCH

CONTENTS
   
論調
 人道と知的財産権の相克-------------------------------------------------------------松田英三
      税務行政の現状と課題------------------------------------------------------寺澤辰麿
  法人税法と商法・企業会計(租税基礎理論研究会B---------------------------------------朝長英樹
   温暖化対策税の検討状況について----------------------------------------------永見 靖
  三位一体の地方財政改革を考えるー避けられない地方交付税の抜本改革-------------------油井雄二
  確定決算原則と税効果会計の再検討--------------------------------------------醍醐 聡
  社会保障制度改革と企業負担ー現状把握と改革のための視点---------------------------西沢和彦
  資本取引の具体的事例と税務研究(第1回)----------------------------------------三宅茂久
国際課税
 国際課税の現状について------------------------------------------------------井阪善浩
  国際課税の基本構造ー源泉徴収・租税条約・移転価格税制を含む基本と応用事例(その1)---------- 佐藤正勝
  実務的観点から見た匿名組合契約を巡る国際課税問題---------------------------------高山政信
  欧州の法人・株式課税の動向[IFA国際租税学会シリーズB]------------------------------ウオルフガング・シェーン
   各国税制事情---------------------------------------------------------------租研事務局
[EU・英国・ドイツ・オランダ・インド・シンガポール・韓国・米国・ニュージーランドの税制の動向]
 
実務講座法人税
 連結法人間取引の損益の調整を行わない取引等--------------------------------------------小山真輝
  業務報告・会合案内
 

▲このページのトップへ



 
2004/2

租税研究(第652号)
FEBRUARY

CONTENTS
   
論調
 中国 改革・開放の25年--------------------------------------------------------------垂水健一
      付加価値割及び資本割の課税標準の算定について-----------------------------------恩田 馨
  会社法制の現代化に関する要綱試案について---------------------------------------------小舘浩樹
   ゴーイング・コンサーン開示の状況-----------------------------------------------島田眞一
   今後のわが国の公的年金制度------------------------------------------------------牛丸 聡
   退職給付会計と税務---------------------------------------------------------------鈴木一水
国際課税
 相互協議の現状について(意見交換)--------------------------------------------- 中山 清、千葉雅英
中宇根幹夫
  国境を越えたソフトウエア取引の課税---------------------------------------------------- 宮武敏夫
  租税条約をめぐる最近の諸問題-------------------------------------------------ジャック・ササビル
  アジア開発銀行の租税会議について----------------------------------------------青木寅男
    消費課税と金融サービス---------------------------------------------------------------
ー欧州型アプローチからの離脱 (IFA国際租税学会シリーズA)
アラン・シェンク
各国税制事情--------------------------------------------------------------租研事務局
[中国・韓国・米国・カナダ・オーストラリア・ドイツ・フランス・イタリア・フィンランド・OECDの税制の動向]
 
実務講座法人税
 連結納税における納付すべき道府県民税等の計算等---------------------------------------
小山真輝
 
資料
 
 
  業務報告・会合案内
平成16年度の税制改正の要綱
平成16年度地方税制改正(案)要旨
 
 

▲このページのトップへ



 
2004/1

租税研究(第651号)
JANUARY

CONTENTS
   
年頭所感
 持続可能な日本社会をめざして--------------------------------------那須 翔
論調
 ハードとソフト-----------------------------------------------------------佐野正人
新春座談会
 あるべき地方自治と今後の税制------------------------------------------- 松田英三・林 宜嗣・高見昭三・川上哲郎
 
       平成15年度税制改正---------------------------------------------------                    ー相続時精算課税制度等      香取 稔
  最近の商法改正の動向と理論的な考え方----------------------------------神田秀樹
  評価通達(取引相場のない株式)一部改正---------------------------------                    ーその内容と実務上の課題   山田淳一郎
  企業結合会計と税務上の課題-----------------------------------------小川一夫
  改正産業再生法を活用した企業再編に関する税務上の留意点--------------太田 洋
  (専門部会報告)減価償却制度の今後の検討課題-----------------------立川正三郎
国際課税
  採決例から見た国際課税の動向-----------------------------------------
 
川田 剛
   オフショアの投資ファンド税制----------------------------------------------
ードイツの一つの視点から [IFA国際租税学会シリーズ@]
 
ウォルフガング・オーホー           ブリッタ・ハウゼン
   各国税制事情--------------------------------------------------租研事務局
[OECD・フランス・オランダ゙・イタリア・スイス・ドイツ・ポルトガル・EU・ニュージーランド・米国・北朝鮮の税制の動向] 
実務講座法人税
 連結納税制度について(その8)----- --------------------------------------
奥田芳彦
 
         資料

 
  業務報告・会合案内
平成16年度の税制改正に関する答申(税制調査会)
 
 

▲このページのトップへ



 
2003/12

租税研究(第650号)
DECEMBER

CONTENTS
   
論調
  「留学生は最良の外交官である」 考------------------------------------------------- 宮智宗七
  平成16年度「税制に関する租研意見」についての意見交換会の実施---------------------・ 
       消費税の総額表示について--------------------------------------------------------                  西田安範・藤井 誠
  法人の所得の意義(租税基礎理論研究会A)------------------------------------------金子 宏
  企業再編税制の実務上の問題点----------------------------------------------------平川忠雄
  新株予約権に係る税務上の諸問題-----------------------------------------------渡邊芳樹
国際課税
  タックスシェルターの最近の動向-----------------------------------------------------
 
中里 実
   フランスのストップオプション制度について----------------------------------------------
 
横田文志
   米国税務調査において追徴を受けた場合の救済措置--------------------------------八田陽子

米国内国歳入庁(IRS)における最近の機構改革と法人税調査の動向------------------------
フランク・イング
日米租税条約(新条約)の署名について-------------------------------------------------租研事務局
各国税制事情-----------------------------------------------------------租研事務局
[ロシア・ドイツ・フランス・オランダ・イタリア・英国・米国・インド・マレーシア・韓国・中国の税制の動向] 
実務講座法人税
 連結納税制度について(その7)----- --------------------------------------------------
奥田芳彦
  業務報告・会合案内 

▲このページのトップへ



 
2003/11

租税研究(第649号)
NOVEMBER

CONTENTS
   
論調
  志ある環境税制構築の時だー------------------------------------------------------ 今松英悦
租研・税制改正
 税制に関する租研意見   --------------------------------------------------------日本租税研究協会
意見
 税制についての租研会員の意見調査結果                   
  平成16年度経済産業省税制改正要望について-----------------------------------------渡邉宏和
  平成16年度国土交通省税制改正要望について-----------------------------------------太田秀也
  中期答申についてーアメリカ合衆国のブッシュ税制改革と対比しつつ--------------------水野忠恒
  生涯現役社会のための税制------------------------------------------------ 清家 篤
  時価会計不況-----------------------------------------------------------田中 弘
  最近の企業再編の事例と改正産業再生法を活用した企業再編について------------------松古樹美・末金将治
国際課税
  第57回IFA大会の報告--------------------------------------------------------------
  ー会社と株主の課税を中心として
増井良啓
   IASBの最近の動向 ----------------------------------------------------------------
 
山田辰己
   
各国税制事情---------------------------------------------------------------------
租研事務局
[インド・ベトナム・ニュージーランド・米国・EU・英国の税制の動向] 
実務講座法人税
 研究開発減税・設備投資減税について --------------------------------------------------
小山真輝
  業務報告・会合案内 

▲このページのトップへ



 
2003/10

租税研究(第648号)
OCTOBER

CONTENTS
   
論調
  フリーターの現在を考えるー通説と俗論ー----------------------------------------------- 五十畑 隆
  税調中期答申の解説について   -----------------------------------------------------永長正士
  最近の消費税を巡る諸問題 ----------------------------------------------------------                 夛田雄司
  時価会計と税務  -----------------------------------------------------------------八ツ尾順一
  会社分割等における退職金課税の問題  ---------------------------------------------牛嶋 勉
国際課税
  国際課税をめぐる諸問題について----------------------------------------------------
 ーBIAC税制委員会の活動状況を中心に
 
五味雄治、上田哲士
   日米租税条約の改正と問題点  ----------------------------------------------------
 
矢内一好
  エンロンの租税動機取引の分析研究について(第2回) --------------------------------- 本庄 資
   
各国税制事情---------------------------------------------------------------------
租研事務局
[フランス・ドイツ・OECD・中国・香港・マレーシア・ニュージーランド・米国・メキシコの税制の動向] 
実務講座法人税
 連結納税に係る被合併法人の法人税に係る納税地等 --------------------------------------
小山真輝
  業務報告・会合案内 

▲このページのトップへ




2003/9

租税研究(第647号)
SEPTENBER

CONTENTS
   
論調
  導入前夜の外形標準課税  --------------------------------------------------------- 松田英三
  序説ー日本の租税体系と企業課税 (租税基礎理論研究会@)   --------------------------金子  宏
  平成15年度税制改正の概要  ー法人税を中心として -----------------------------------                山本守之
  平成15年3月期の会計処理の事例  -------------------------------------------------島田眞一
  税務調査における交際費課税の拡大傾向と対応策  ------------------------------------図子善信
  年金制度はどこへ向かうのかー不確実性を増す老後保障への対応策 -------------------田中周二
国際課税
  最近の移転価格税制の執行について(下)----------------------------------------------
 −無形資産取引を中心に
 
山川博樹
   英国の税制改正(2003年度)<その2>  --------------------------------------------
 
青木寅男
   
各国税制事情---------------------------------------------------------------------
租研事務局
[米国・オランダ・英国・ドイツ・トルコ・ロシア・ウクライナ・インド・パキスタン・中国・ニュージーランド・南アフリカの税制動向] 
実務講座法人税
 連結納税制度について(その6)------------------------------------------------------
奥田芳彦
  業務報告・会合案内 

▲このページのトップへ




2003/8

租税研究(第646号)
AUGUST

CONTENTS
   
論調
 理念の国アメリカ   -------------------------------------------------------------- 佐瀬守良
  無形資産の税務上の課題   -------------------------------------------------------成道秀雄
  最近の企業に係る税務訴訟の現状   ------------------------------------------------大渕博義
  金融機関の不良債権処理を巡る動向  -----------------------------------------------島田眞一
  「平成15年版地方財政白書」の概要説明  --------------------------------------------本間祐一
国際課税
  最近の移転価格税制の執行について(上)----------------------------------------------
 −無形資産取引を中心に
 
山川博樹
   エンロンの租税動機取引の分析研究について(第1回)  ----------------------------------
 
本庄 資
   中国の移転価格税制 ----------------------------------------------------------------鈴木康伸
英国の税制改正(2003年度 その1) --------------------------------------------------青木寅男

各国税制事情---------------------------------------------------------------------
租研事務局
[EU・ドイツ・スペイン・英国・米国・コロンビア・インド・サウジアラビア・オーストラリアの税制動向] 
実務講座法人税
 貸倒引当金の税務-----------------------------------------------------------------
奥田芳彦
  業務報告・会合案内 

▲このページのトップへ



 
2003/7

租税研究(第645号)
JUNE

CONTENTS
   
論調
 三位一体改革への私的意見   --------------------------------------------------- 佐野正人
  構造改革はどこまで進んだか   --------------------------------------------------加藤 寛
  内外経済の現状と展望   ----------------------------------------------小平信因
  都道府県税の現状と課題  ---------------------------------------------株丹達也
   −外形標準課税制度の創設を中心として  
  人的資本蓄積と税制  ------------------------------------------------森信茂樹
  役員報酬課税の今日的課題  ------------------------------------------品川芳宣
   −商法269条改正・ストックオプション判決の意義等 
  連結納税に係る税効果会計   ------------------------------------------堀江徳至
  平成15年度地価公示について  ----------------------------------------森 義一
国際課税
  のれんの会計処理を巡る国際的な議論の動向  ------------------------------------
 
古内和明
   中国移転価格税制の税務調査への対応  -----------------------------------------
 
成   立
   
各国税制事情----------------------------------------------------------------
租研事務局
[ベルギー・フランス・アイルランド・EU・スウェーデン・デンマーク・ドイツ・OECD・シンガポール・中国・米国・ブラジル・ニュージーランド゙の税制動向] 
実務講座法人税
 不正行為に伴う損失等の税制上の取扱い等---------------------------------------
小山真輝
  業務報告・会合案内 

▲このページのトップへ